港町十三番地港都十三號
 
唄:美空ひばり1957(昭和35)
 
詞:石本美由起     曲:上原げんと
 
 
んがい たびじ     こうかいお
長い 旅路の  航海終えて 長距離的航海旅程結束後
 
 ふね みなと   よま よる
船が港に  泊る夜          船停靠在港口的夜晚
 
 うみ くろう         さけ
海の苦労を グラスの酒に把海上的辛勞用玻璃杯的酒
 
    わす           さかば
みんな忘れる  マドロス酒場 在水手酒店裡洗滌殆盡
 
    みなとまち      じゅうさんばんち
ああ港町   十三番地          啊~港都十三號
 
 
いちょう なみき      しきいしみち
銀杏   並木の   敷石道を在銀杏行道樹的舖路石上
 
きみ ある      ひさ ぶ
君と歩くも  久し振り    已經很久沒和妳一起散步
 
とも
点るネオンに  われながら 受到亮起的霓虹燈引誘
 
  は と ば どお     ひだり
波止場 通りを  左にまがりゃ 從碼頭大街向左轉
 
    みなとまち じゅうさんばんち
ああ港町  十三番地         ~港都十三號
 
 
 
   ふね  つ ひ     さ はな
船が着く日に 咲かせた花を船抵達的那天開的花
 
  ふね  で  よる    ち   かぜ
船が出る夜  散らす風   船出港的夜晚被風吹落了
 
    なみだ      かんぱい
涙こらえて 乾杯すれば      忍住眼淚乾杯時
 
 まど  な      みかづきさま
窓で泣いてる  三日月様よ 在窗邊哭泣的新月呀!
 
    みなとまち  じゅうさんばんち
ああ港町  十三番地        ~港都十三號
 
 
 
     
 
 
 港街十三號地
 
 
1,遙遠的航路旅行,一路順風回故鄉,
 
   太港口搖來搖去,大小船過暝,
 
   想前日勞苦海面,
 
   牛拉斯的一杯酒,在酒場一切袾記,
 
   瑪都魯斯情也碎!啊!港町十三番地。
 
 
2,銀否青春風微微,石頭小路無人影,
 
   成雙對形影相隨,說話糖密甜,
 
   五彩色霓虹燈,引阮踏入愛情池,
 
   越正平一直過去十字路頭波止場,
 
   啊!港町十三番地。
 
3,等船來心情搖動,
 
   暝日無離心相印,送船去惜別後彼時,
 
 
   雙人心傷悲,不敢講滿腹稀微,
 
   飲酒解愁阮心裡,看天星茫茫,
 
   帶意窗外月娘半屏圓,
 
   啊!港町十三番地。
 
 
 
   

 

 

 

文章標籤

全站熱搜

悠遊蓮田 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()