悠遊蓮田-景麗-

               

         


 


 
望郷じょんから/細川たかし
作詞:里村龍一 作曲:浜圭介
 
津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ當津軽細雪漫天飛舞的時候啊!
みんなは達者か 変わりはないか大家健康嗎?一切安好如故嗎?
ふる里恋しや 花いちもんめ懷念故鄉,幼年的嬉戲
アア…ア啊啊…啊
爺いさまが叩く じょんがら節の老爺爺彈起津軽民謠調
泣き三味線が如泣如訴的三味線
風にちぎれて 聞こえてくるよ彷彿可以聽見被風碎裂的琴聲
湯呑みの酒に ぐらりと酔えば喝了一碗酒而酩酊大醉搖搖擺擺
故郷が浮かぶ故鄉浮現在眼前
淋しさひとつ 涙が落ちる寂寞而落下一滴淚水
逢いたいよ 逢いたいね想見到啊!想見到呢!
津軽は夢ん中津軽在夢中
明りを消して 東京の空に關了電燈對著東京的天際
叫んでみたよ試著大聲呼喊了!
星が流れる こころも寒い流星劃過,心也寒了起來
十九の青春(はる)を吹雪にさらし放逐於暴風雪的19歲青春
夜行に乗った乘著夜車而行
遠い昔の 夜空が恋し念已遠逝的往昔夜空
せつないよ せつないね痛苦難堪啊!痛苦難堪呢!
あの娘は夢ん中那位姑娘在夢中
涙で詫びてる かさねた不孝加重的不孝罪孽,流下歉意的淚水
帰るに帰れぬ 土産もなしに想回去又不能回去,也無伴手禮
ふる里 恋しや 花いちもんめ懷念故鄉,幼年的嬉戲
アア…ア啊啊…啊
小泊港 お岩木山よ小泊港,岩木山啊!
花咲く頃は繁花盛開時
船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ船在划著夢,海鳥喧鬧著
辛さを堪え いい事ばかり忍受百般艱辛
手紙に書いて於信裡盡報著喜事
あれから幾つ 何年過ぎた自那時起已是過了幾個寒暑?
帰ろかな 帰りたい回去吧!想回去呀!
ふる里夢ん中夢中故鄉
帰ろかな 帰りたい回去吧!想回去呀!
ふる里夢ん中夢中故鄉
 
 
 
 

 

 

 

 

 blog-悠遊蓮田-景麗-部落格 

 

 

文章標籤

創作者介紹
創作者 悠遊蓮田 的頭像
悠遊蓮田

悠遊蓮田 景麗 的部落格

悠遊蓮田 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()