岸壁の母 

 

唄:二葉百合子(ふたばゆりこ)  1954(昭和29)

 

作詩:籐田まさと      作曲:平川浪龍

 

はは き       きょう  き

 

母は來ました 今日も來た   做為母親的我來了今天也來

 

がんべき    きょう  き
この岸壁に 今日も來た      今天也來到這個碼頭

 

 ねが    し
とどかぬ願いと 知りながら   雖然知道願望是不能達成

 


もしやもしやに もしやもしやに或許但只期萬一 或許但只期萬一

 


ひかされて               就這樣被這期望引誘而來

 


     ひきあげせん かえ   き

 

(口白)また引揚船が掃って來たに遣送歸國的船又回來了

 

こんど     こ  かえ
今度もあの子は掃らない      但這次我那孩子仍然沒回來

 

がんべき  ま
この岸壁で待ている           在這海邊等待著的我

 

  すがた み
わしの姿が見えんのか         兒子啊難道看不到嗎

 

みなと なまえ まいづる
港の名前は舞鶴なのに           港口的名字雖叫<舞鶴>

 

       と    き
なぜ飛んで來てはくれぬのじゃ  但是為何不飛回來母親的身邊呢?

 

かえ       おお   こえ
掃れないなら大きな聲で         不能回來的話  拜託你

 

 ねが             ひとこと
お願い…せめて、せめて一言    至少 至少也要大聲喊一句

 

  

よ    くだ

 

呼んで下さい おがみます      媽要合掌拜神祈望你能叫媽一聲

 

            か       き
ああ おッ母さんよく來たと   啊啊~「媽媽難為您遠路前來」

 

うみやませんり   い
海山千里と 言うけれど         雖說海山遠隔千里

 

とお         とお
なんで遠かろ なんで遠かろ  哪會算遠  哪會算遠

 

はは  こ
母と子に                 對母子來說 ㄧ點都不遠     

 

   

じゅうねん
(
口白)あれから十年         從那時已十年了

 

 こ
あの子はどうしているじゃろう     我那孩子日子不知過的如何?

 

ゆき かぜ         さむ

 

雪と風のシベリアは寒いじゃろう 風雪凜冽的西伯利亞很寒冷吧!

 

        いのちかぎ だ

 

つらかったじゃろうと命の限り抱きしめて 很辛苦吧!希望生命有限之年

 

  はだ あたた  

 

この肌で溫めてやりたい  能緊抱住,用我這體溫來溫暖我兒

 

  ひ  く      し

 

その日の來るまで死にはせん   在那一日來臨為止,絕不能死

 

      ま

 

いつまでも待ている     無論到何時我都在等著

 

   

ひがんじゅうねん     いの

 

悲願十年  この祈り      悲苦的願望已十年  這個祈求

 

かみさま       し

 

神樣だけが  ている       只有神明才知道

 

ながれ  くも      かぜ 

 

流れる雲より  風よりも       比起流雲   比起寒風

 

 

 

つらいさだめの つらいさだめの   更悲慘的 更淒慘的

 

つえ

 

杖ひとつ                  只靠一枴杖的命運  

 

 

         かぜ   こころ   つた

 

 (口白)ああ風よ  心あらば伝えてよ啊!風呀!的話請替我傳達吧

 

いど  ご  ま    きょう また

 

愛し子待ちて今日も又        為等我愛子回國今天又再來

 

どとう  くだ    

 

怒濤 碎くる            在怒濤擊碎的巖壁堤岸上

 

がんべき  たたず   はは すがた

 

岸壁に 佇む  母の姿を     佇立著母親的身影

 

                                            

台語曲<爸爸在哪裡>之原曲 

 

影音引用:http://www.youtube.com/watch?v=zVKaNwQoY7w&nofeather=True

 

 

 http://tw.myblog.yahoo.com/a8152264/article?mid=2328

全站熱搜

悠遊蓮田 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()